FC2ブログ

thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



移り変わり :: 2012/02/16(Thu)

祖父が癌を患っていることがわかり余命約半年といわれた。
今年で92歳。
大往生だと思う。
それでも、落ち着いて気丈に身辺整理をしているらしい祖父が
人生の終わりに向かってどんな気持ちでいるんだろう、と
考えると切なくなる。

祖父は命を終える準備をし、
Jazzyは新しい命を産む準備をしている。
移り変わり。

遠方にいるし、身重だし、
果たしてもう1度会えるかな~と思っているうちに、
ホスピスに入ることが決まった、と連絡があった。
今朝、今日入院だと聞いて慌てて電話したら、
もう出かけようと靴を履いているところだったらしいけど、
なんとか声を聞くことができた。
もしかしたら、祖父の声を聞くのはこれが最後に
なるかもしれない、と思うと、さすがに胸にぐっときた。

口うるさくて、何にでも口を突っ込むし、
身内のことでも何でもどこでも構わず喋るし、
お店や旅館ではしょっちゅうクレーマーになり、
なかなかトラブルメーカーな祖父だけど、
日本がまだとてもとても貧しかった時代を生きてきた人。
意思が強く、とてもしっかりしている。
自分だって全く裕福とはいえないのに、
長年にわたって寄付金を納め続けて表彰されたりしてたなぁ。
60歳を過ぎてからは、スキーはじめ色んな趣味を楽しんで
とっても元気な人だった。

そして、何よりいつもいつも子供たち孫たちのことを
とてもとても気にかけてくれていた。

最近のJazzyは、実家の父母からの頻繁な連絡も、
義父母との頻繁な行き来も、
ちょっとばかり鬱陶しくて、もう少し放って置いて欲しいと思ってる。
けど。
「気にかけて」くれる親がいるのは幸せなことだな、って
おじいちゃんの顔を思い浮かべながら、今日、思った。

残りの日々がどうかできるだけ安らかなものとなりますように。



スポンサーサイト



  1. 家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<格差 | top | 一人の夜>>


comment

昨日はコメントありがとうございました。すっかりご無沙汰していたのに、覗いてくれてて嬉しかったです。

おじいちゃん、おばあちゃん子だった私。記事を読んでてグッときます。

お祖父様、できるだけ穏やかな時間を過ごされることを祈っていますね。

いつか…いつか天にに召される時がきたら。私は「行ってらっしゃい」…ってお別れするようにしているんですよ。また、どこかできっと逢えるから。
気にかけてくれる人がいる…後で気付くことも多々ありますね。ありがたいね。

Jazzyさんも、お体大事にしてね♪また来ます(^O^)/
  1. 2012/02/24(Fri) 20:00:57 |
  2. URL |
  3. 美月 #-
  4. [ 編集 ]

>美月さん

こちらこそコメントありがとうございます!

昨日は、美月さんのブログ読んでいて
これはあまりにも悔しいだろうなぁ~~~って思って
思わずコメントしちゃいました。
いつもコメントも何もせず失礼してますが、
ブログいつも読ませていただいてます♪

「行ってらっしゃい」
って。そうですね、またどこかできっと逢えますよね。

祖父の最期のひとときが穏やかでありますように。
一緒に祈ってくださって、美月さん、ありがとうございます☆
  1. 2012/02/24(Fri) 20:38:00 |
  2. URL |
  3. Jazzy #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jazzydiary2.blog96.fc2.com/tb.php/298-9b5b8385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)