thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
甘やかす練習 :: 2015/04/10(Fri)

日々のこまかい様子をよく知らない母に頭ごなしに甘やかしていると言われてむっとしたけど、自分でも「甘やかしすぎなんだろうか・・・」と悩んでもいました。

でも、実家に帰ったときに8歳女の子&4歳男の子の子育て中の姉に相談してみたら、「むしろ逆じゃないかな?」と言われました。Jazzyがかなりうるさくあれをしてはダメ、こうしなさい、と言っているから、反発しているところもあるかも、って。

振り返って反省してみると、ちゃんと育てなきゃ、ちゃんと躾けなきゃ、いい子に育てたい・・・って。すごくすごく頭でっかちになっていて、目の前にいるわが子のことを全然きちんと見ていなかったなって思います。下の子が生まれたらまずはなるべく上の子優先にしよう、って思っていたけど、それでも、おにいちゃんの心をしっかり見ていなかったかもしれない。早くしなさい、ちゃんとやりなさい、○○はダメ、って怒ってばかりだった。

父は、神経質で厳しい人で、滞在していた数日間のあいだ息子にも「あれダメ、これダメ、言うこと聞きなさい」って結構厳しい口調で何度も言っていて、だんだんと息子の表情が曇っていくのを見て、悪い手本というか、あぁ自分がこれをやっていたんだ、とよくわかりました。(そして、自分は父と母にこうやって育てられたんだろうな・・・と思いました。)

命の危険にかかわるようなことや、人に多大な迷惑をかけるようなことをのぞけば、そんなに声を荒げて叱りつける必要はありません、ってよく本に書いてあります。日々、困る行動はいっぱいあるけど永遠に続くものではないんだから、出来る限り本人がもういいって言うまで付き合ってあげればだんだんきちんと行動できるようになるのかもしれない。今はとにかく、自分でやりたい、自分で決めたい、という気持ちが強いみたいでそれを受け止めてあげなきゃ。

実家に帰ってもゆっくりできるわけではなく、空港から実家に行く前にまずスーパーに寄って明朝の朝ごはんの買い出しから・・・とほんと気が休まらず、子育てが大変でたまに子供を連れて実家に帰るなんていう人がうらやましくてたまらなくて悲しくもなったけど、でも、今回帰省したことでいろいろ気づくことができたのでよかった。

でも・・・本当に2歳男児のわがままな行動を受け入れて、待っててあげるのって、なかなかむずかしいです。気がつくと、あれはダメ、これはダメ、って叱ってばかり。キレて大声で怒ってしまうことも。落ち着いてあとで振り返るとそんなにたいしたことではなかったりするのに。ちょっと語弊があるかもしれないけど、「甘やかす練習」・・・日々鍛錬です。



スポンサーサイト
  1. 子育て
  2. | comment:4
:: 2015/04/07(Tue)

昨秋、娘を出産したときに手伝いに来てくれた母。
頼んだものの、一緒にいてうまくやれるか心配でしたが
結局いてもらった10日間大きな衝突はなく過ごせました。
いざとなればきちんとごはんを作ったりもしてくれて、
やっぱり産後はかなり身体がきつかったのでとても助かりました。

そのときは、元気だったのですが。

今年に入ってからまたうつの症状が出始めて、
ついに食事も取れないほどになり入院してしまいました。

先日、子供ふたりを連れて札幌の実家に帰り
病院で母の顔を見てきました。少しだけ上向いてきたようだし
Jazzyの赤ちゃんを抱っこして笑顔も出ていたので
そう遠くないうちに退院できるかな。

自分の母なので、さすがに入院までしてしまったら
何かできることがなくても顔を見に行こうと思い、
大変だったけど乳幼児ふたり連れて行ってきました。
でも、病気とは関係なくやっぱり母とは距離を置きたい。
母には育児について相談したりアドバイスをもらったりは
期待できない、ともちろんわかっていたけど、
会話の流れで、
上の子は本当に手がかかってワガママで大変だよ、
と話すと、
「そうだろうね、わかるよ。」
という言葉が返ってきて、そんな優しい言葉が
出てくるなんてびっくり、と思った矢先、
次の言葉に一瞬耳を疑いました。

「親が甘いからね。」

いかにも悩みきっているJazzyに対して、
たいていの人が言ってくれます。
ほとんど全ての本に書いてあります。
イヤイヤ期のワガママは育て方だけの問題じゃない、って。

Jazzy自身も自分で子育てをしてみるまでは、
道端でひっくり返って駄々を捏ねている子供を見ると
心のどこかで親が甘やかしてるのかな・・・なんて思ったり
していましたが、実際に子育てを経験した今はそんな
考えをしたことを反省です。
親がどんなにしっかりしつけようとしても
『2歳』はそんな単純なものではないんだ、と。
親の思うようになんて動かないものなんだ、と。
今は思う。

あっさりと娘の子育てを否定する母には、
やっぱりガッカリしてしまいます。
子育てを経験した人の言葉と思えない。。




  1. 家族のこと
  2. | comment:2
イヤイヤと赤ちゃん返り :: 2015/04/04(Sat)

すっかり久しぶりの更新になってしまいました。

毎日やることがいっぱいであっという間に過ぎていき、
相変わらず長男はワガママいっぱい。
Jazzyは一時期本当にイライラがひどくて
自分でも病気かと思うくらい不安定で、
息子と娘と自分、3人心中せずに生きていることだけで
よしとしてね、って本気で夫に言うくらいひどい時期も
ありました。

長男のイヤイヤ+赤ちゃん返りがなかなかおさまりません。
Jazzyがあれこれうるさく言ったりすこし厳しくしすぎたり
しているために余計に反発してるのかも、と気づいて、
もう少しおおらかな気持ちで接していようと思えるようになって。
でも、それを差し引いてもあまりにもひどいイヤイヤ・・・
個性というか性格というか、見方を変えれば自立心や好奇心のあらわれ
だったりするし、何よりも妹ができたことをまだまだ受け入れきれて
いないようで、元気いっぱいに走り回っているような子だけど、
実はとてもさみしがりやで傷つきやすい男の子なんだな、って
今頃気がついたり。

イヤイヤも3歳になるとぱたっと落ち着くよ、と言ってるママ友もいて、
長男も5月には3歳になるので、あと少し、あと少しできっと落ち着く・・・
と思ってばかりいました。
でも、先日夫に
「下の子が卒乳するくらいまでおさまらないかもしれないね。」
と言われてなんだか逆にふっきれました。
つらいつらい、あと少しあと少し、と思ってたらなんだかもっと辛い。
まーだまだ続くんだ、と思ったら、仕方ない、気長に付き合っていかなきゃと
思えました。どうしようもないわがままばっかりいってるけど
息子も息子なりにがんばっているみたいだから、ママもがんばらなきゃ。


  1. 子育て
  2. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。