thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
挑戦 :: 2012/08/29(Wed)

baby


赤ちゃん、3ヶ月になりました。
本当に手のかからない赤ちゃんです。

夜泣きをしないのでパパママと3人みんな
朝までぐっすり。
なのに昼もけっこうよく寝てくれます。
ほっとくと一人で寝てることもよくあるし。
お盆休みは夫の実家と温泉と、
2度の外泊にチャレンジしてみたけど、
環境が変わっても全く影響を受けることなく、
よく寝て、おっぱいもよく飲んでました。
外出先でもベビーカーでよく寝てくれて、
泣いて泣いて困る、ということがあまりありません。

Jazzyは、自分がかなり神経質な性格なので、
子供もその性質を受け継いだら困るな~と思っていたのですが、
どうやらおおらかな夫に似たようで、
何ていうかどーんと構えて、多少のことに動じない赤ちゃんです。

そして、なんといっても素晴らしき体重の増え具合。
生まれたときはちょうど真ん中の標準だったのに、
いまや標準体重範囲のほぼ上限。
他の赤ちゃんと比べるとデカイ!!
月齢が2~3ヶ月先の赤ちゃんと同じくらいです。
ママはこんなに小さいのに。

本当にいい子。
一人目なのにこんな楽ちんでいいのかしら。
・・・なんて言ってたらこれから手のかかる子に豹変したりして^ ^;

でも、とりあえず余裕をもって生活できているので
ここ数年チャレンジしていてまだ合格できずにいる資格試験、
この秋もまた挑戦してみることにしました。
一発合格は無理だったろうけど、
2度目の挑戦のときにもっとしっかりやって合格しているべきでした・・・。
3度目の去年も頑張ってみたけど、あの凄まじいつわりの苦しみ中に
勉強するのはやっぱり無理でした。試験当日も、試験中は何とか
大丈夫だったけど、試験後、ひさしぶりの外出でマタニティウェアなど
買いに行ったデパートで、トイレに駆け込んで吐いてたなぁ。
というわけで、情けないことにもう4回目のチャレンジになってしまったけど、
がんばってみようと思います!


スポンサーサイト
  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
大失敗 :: 2012/08/23(Thu)

赤ちゃんを連れてのお出かけもすっかり慣れてきました。

先週の夫のお盆休みには1泊温泉旅行にも行き、
色々心配しながら行ったけど全然問題なしでした。

夫が午後から地方への出張のお仕事だった日には、
一緒に東京駅までお見送りに行って、
ついでに新丸ビルでまた一人ランチしてみたり、
ひとつ隣り駅に、ヨガ教室に行ってみたり。
電車も慣れてきたところだったけど、

大失敗やってしまいました・・・。

つい先日、友達の家での集まりに
電車をひとつ乗り継いで出かけたのですが、
久々に会う友達たちとのおしゃべりが楽しくて
ついつい、おいとまするのが遅くなり、
夕方の帰宅ラッシュに巻き込まれてしまいました~!

ベビーカーのまま乗るにはちょっとスペースが微妙だな、と
ためらって1本電車を見送ったのが運のツキ。。
ベビーカーを折りたたんで抱っこしようと試みたけど、
抱っこひももないし、
荷物もたくさんあるし、
首はかなりすわりつつあるのですが、
それにしても片手のみで長時間抱っこは無理・・・

どうしよう~
と、焦って軽くパニックになってしまいました。
とりあえず、赤ちゃんをベビーカーから降ろし
ベンチに座って抱きしめて、どんどん混んでいく電車を
何本も見送りながら、もう家に帰れないんじゃ、と
いうくらい不安な気持ちになってしまいました(苦笑)

東京の電車事情について、すっかり忘れていた。
子ども連れのときはお日様が高いうちに帰らなくては。
とってもとっても反省しました。

結局、すでに仕事を終えて帰路についていた夫が
何本か後の電車に乗っていたので、
夫が到着するまで待って一緒に3人で電車に乗りました。
初めて抱っこで電車に乗った赤ちゃんは、
全然泣くことなくいい子でいてくれて、
キョロキョロとあたりをみまわしてご機嫌でした。
満員電車といってもそこまでギュウギュウではなかったので
つぶされることもなく。
よかった。


ママはほんとにバカだった。
反省・・・

  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
お出かけ :: 2012/08/09(Thu)

ベビーカーを押して思いきってお出かけしてみました。
電車を乗り継いで知人が新しくオープンした
アロマセラピーのサロンへ。

アロマオイルでボディマッサージをしてもらい、
産後からのばたばたとした日々ですっかり
凝り固まった身体をほぐしてもらい、
いい香りに包まれて癒されました。

そして、アフタヌーンティールームでひとりランチ。
パスタと紅茶に、ハーフサイズだけどケーキまで食べちゃった。

贅沢なひととき。

電車に乗ってのお出かけも、
お洒落なカフェにひとり入るのもひさしぶり。
とっても落ち着いたいい気分になり、
あぁ~気分転換て大事だな、って思いました。
明日からの日々をまたがんばれそう。

東京の街を歩くと本当にいろんな人がいる。
そして、お洒落で綺麗な人がたくさんいますね~笑
思わず見とれてしまう。

赤ちゃんを連れてのお出かけはやっぱり大変だし、
自分の都合で赤ちゃんをあまり連れまわしたくないけど、
たまにはいいよね。
ママのリフレッシュ。

ベビーカーを押してもたもた歩いていると
(だいぶ慣れてはきたのですが・・・)
いろんな方が本当に親切にしてくださいます。
エレベーターのドアを開けて先に通してくれたり、
道をささっと開けてくれたり。
ありがたいことです。


  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
持ちつ持たれつ :: 2012/08/07(Tue)

北海道の父と母が、東京までJazzyに会いにきたのは
11年間のうち3回だけ。
母が一人で来たのが2回、両親揃って来たのが1回。
父が退職して時間が取れるようになっても
Jazzyが結婚しても、来ませんでした。

そんな両親の重い腰がようやく上がったのは、
孫に会うため。
9月に初宮詣りをすることになったので、
それに合わせて遊びに来ることになりました。

めったに来ないのだから、
両親に一緒に楽しく過ごしてほしいな~と思って
いろいろ計画し始めていた。
なのに。

旅行好きの姉が一緒にホテルを探してくれて、
場所、周りの環境、価格いろいろ検討して
いいホテルが見つかり、
一度はそのホテルで決定となったはずだったのに。
なんと新聞広告で見つけた某社のフリープランを
予約した、と連絡してきたのです。
そっちのほうが安いから、と。
聞くと、ただのビジネスホテル、
場所もビジネス街、わざわざ北海道から遊びに来て
泊まるような場所じゃない。
駅からもかなり遠い。
私たちの家からも遠く離れた場所なので、
車で送り迎えするのにも不便だよ、と言うと、
送迎なんてしてもらうつもりはない、
全部自分たちで行くつもりだ、と言うのです。
父と母だけで東京の複雑な電車に乗れるの??
いや、日本ですから、誰かに聞けばいいでしょうから
乗れないことはないでしょうけど、
11年以上暮らしてる私だって時々迷うのに。
実の娘が住んでいる街に遊びに行くんだから、
送り迎えなんか、じゃぁお願いね、って素直に頼るのが
当たり前ですよね。
世話になりたくない、だなんて。

本当に、「持ちつ持たれつ」の精神がゼロ。

人に世話になりたくない。
そして、自分たちも人の世話をしたくない。

だから夫が東京から札幌へ来るときも、
どこかに案内しようという気が起こらないのですね。

父は高齢になるにつれ本当に頑固になってしまった。
人の意見をまったく聞こうとしない。
すっかりガッカリして気分が滅入りました。

そして、思いました。
自分がいつか老人になったときには、
息子の言うことを素直に聞けるおばあちゃんになろう。





  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
産んだだけ :: 2012/08/03(Fri)

最近自分のことばかりに精一杯で、
周りの出来事にアンテナ張れてないなーと
自分でも思うのですが、
ひさしぶりに感動する言葉に出会いました(気づきました)。

ロンドンオリンピック、体操で金メダルを取った
内村選手のお母様。
インタビュアーに、息子さんのこと誇らしいでしょう?といった
質問をされたときに、おっしゃっていた言葉。

「私は産んだだけですから」

なんて潔く謙虚な一言。
この一言にどれだけの想いが詰まっているんだろう。
TVの前で思わずぽろりと涙が出てしまいました。


  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
花束 :: 2012/08/02(Thu)

昨日は、結婚2周年の日でした。
夫は花束を買って帰ってきてくれ、
私はちょっぴりご馳走を作って待ち、
そして食後には、近所のお気に入りの
スイーツ店のケーキを二人で食べました。

盛りだくさんの2年間だったなぁ。
2年目を迎え、家族が3人になっているという
この幸せに感謝です。

夫は、大切な日には必ずお花を買ってきてくれます。
お誕生日や結婚記念日。
驚いたのは赤ちゃんと一緒に退院する日に
病院に迎えに来てくれたときの花束。

hanataba

お花を買ってきてくれるダンナさまがいる幸せにも感謝。
イライラしてケンカしてる場合じゃありませんね。。

akachan_hana





  1. 夫とわたし
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。