thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
よいお年を :: 2009/12/28(Mon)

2009年もあとたったの4日なのですね!
今、数えてみてびっくり。
あと1週間くらいある気持ちでいました。。笑

今年はバリ島で新年を迎えました。

今回の年越しはいつもどおりに、北海道で。
雪の中です。

もう2009年中のブログ更新はできなさそうです。
いつも見ていてくださっている皆様、
今年から見始めてくださった皆様、
ありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎え下さいBrilliant




スポンサーサイト
  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ふたり :: 2009/12/24(Thu)

ずっと 手をつないでた

ずっと

ノラ猫と遊んで

大道芸人をひやかして

海に沈むオレンジ色の夕陽を眺めて

冬の夜空にきらめく星たちを見上げて

三日月にほんのり照らされた誰もいない海辺で

そっと口づけした


こどもみたいにはしゃいだ1日


人気のない駅のホームの木のベンチ

ぴったり寄り添って座って

電車を待ちながら

このまま朝が来なければいいのにと思った


心配なこと

不安なこと

ぜんぶぜんぶ忘れて

いつまでも

こどもみたいにはしゃぎ続けて

いられたらいいのに

いつまでも



ほんとうはとっくに大人のふたり

電車がきたら戻りましょう

大人のふたりに





  1. 言の葉遊び
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
:: 2009/12/22(Tue)

今日は、月がすごくきれいでした。
ほっそり三日月よりすこし幅のある月。
上弦の月??かな。


実家に3週間ぶりくらいに電話をしたら、
ママちゃんのテンションがすこし下がっていた。
返ってくる言葉がちょっと予想と違う反応ばかり。
元気だよ、とは言うものの。

なにか、おかしい。

パパちゃんにメールでそれとなく
様子が違うと感じたことを伝えてみたら、
やっぱり。
うつ期に入り始めてしまったようです。
いつもは、年が明けて2月頃なのに。
今回はハイ期が短かった。

そしてJazzyはまた後悔。
もっとまめに連絡していればよかった。。。

ハイ期のときは、ひたすら元気いっぱいだから、
あまり連絡しなくてもまぁいいかな、と思ってしまっていたけど、
3週間も電話せずにいたことをひたすら後悔。
しかも、1週間前、携帯にママちゃんからメールが来たのに、
外出先だったので電話できずメールを返すだけにしてしまった。
あれは、今思うとママちゃんからの黄色信号のシグナル、
ヘルプのメールだったんだ。。

Jazzyが電話したからといってうつになるのを止められたとは
限らないけど。

ごめんね、ごめんね。。

お正月はみんなで帰るから、
みんなで温泉にも行くんだから、
すこしは元気が出るといいな。





  1. 家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
夜明け :: 2009/12/21(Mon)

暗黒の時代(笑・・・大袈裟汗とか)は終わったようです。

それは、今年の夏に突然襲ってきました。
いえ、本当は火種はずいぶん前からくすぶってたのですが。

会社のこと。
親会社(というかオーナー社長とそのまわりの人たち)とのもめごと。

詳細は聞かされていませんが、推測するに、
おそらく法には明らかには違反してはいないけれど、
普通に考えればやるべきではないことを平然とやられたのだろうと思います。
Jazzyが所属している会社で、みんなで毎日一生懸命働いて得ていた収益は、
横流しみたいにどこかへ流れて行ってしまってたのです。

親会社との資本関係を断ち切って独立しようとしていましたが、
それも簡単にはいかず。
あやうく訴訟にまでもつれこむところでした。
ついには給与の支払いまでストップして。。。
でも、Jazzyたち従業員のぶんは、上司たちがおそらく肩代わりして、
振り込んでくれましたが。

会社がどうなるのかわからなくて不安でした。

そしてそれより何よりつらかったのは仕事がなくなってしまって。。
仕事をしてなくてもお給料がもらえるならいいじゃん、って
いうわけにはいかないんですよね。
自分が一生懸命がんばって何かの役に立っている、とか、
自分自身が成長しているとか、日々感じられることが、
仕事をしていくうえでとても大切。

時間があればあるだけ、覚えたいこと勉強したいことは
山のようにあるので時間を無駄にしないように勉強をしてはいたけど、
でも、やっぱり利益につながることをやらせてもらえていない
期間が何ヶ月も続くと、

会社の事情で今は仕事の契約を取れないせい、とわかっていても、
なんだか自分がダメな人間な気がしてきてしまったり、
もう不要な人材なのかもしれないという気持ちになってきたり。

当時は、上司とあまり話すこともできなかったので、
私を使用している上司がどう考えているのかがわからなくて、
悶々と悩んでばかりいました。

同僚の女性が言っていました。
男性より女性のほうが必死だよね、って。
男性は、いずれにしろ定年までは働き続けなければ
ならないから(よほどの例外を除いて)、
途中ですこしのんびりした日々があっても、
そんなときもある、って受け入れられるかもしれない。
でも、女性はいつまで仕事してられるかわからないから、
例えば結婚とか出産とか、そういう理由で、
全力で仕事をしていられるのはいつまでかはわからないから。

そう。
焦ってもしかたないのに。
焦っていました。

だけど、無事に会社の問題は解決しました!
よかった、本当によかった。


苦しくてつらかったけど、
でも、苦しくてつらかったのは会社の上司・同僚みんな一緒だったし。
それに、あんなふうにつらい時期があって、それを乗り越えたと
思うことは自信につながったと思います。
今も、小さな不安や不満はたくさんあるけど、
目の前に仕事があるだけでありがたい!と思えるようになりました。

秋ごろには、このブログでもいろいろ泣き言を言って、
みなさんに励ましていただきました。
ありがとうございましたぺこ






  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
こえだちゃん :: 2009/12/18(Fri)

これまでは全てJazzyの独断でお土産やプレゼントを買って行ってたけど、
うーちゃんも、そろそろ欲しいものがある年頃(笑)かな~と思い、
何が欲しいのか聞いてみました。
そしたら、

きらきらのおべんきょうのやつ

と言われました。
ママの解説によれば・・・
たぶんシールか何かが手帳みたいになっているようなもののようです。
表紙がきらきらのシールのようで、
そしてノートの形態になっていることはわかったようで、
だから“お勉強”のもの・・・という表現になったようです。

とりあえず、サンリオショップに行って探してみようと思います。
見つけられるといいな。

うーちゃんは、すっかりサンリオショップ・デビューを果たしたようで。。
シュガーバニーズがお気に入りだそうです。

クリスマスが近いから、
Jazzyと同じようにお姉さんも子供の頃のことを
思い出していたらしく。
「こえだちゃんの木のおうち」
の話になりました。
ミルク飲みぺーちゃんもなかなか買ってもらえなかったように、
いわゆるドールハウス?みたいな、
当時流行っていたシルバニアファミリー(だっけ?)とか、
そういう大きめなおもちゃは全然買ってもらえなかったのですが、
そういえば!
こえだちゃんの木のおうちがあったよね!!と。

こえだちゃんの木のおうちはお姉さんのものでした。
Jazzyにはきのこおうち??があったんじゃなかったっけ?と
言われたけど、残念、どうしても思い出せない。。。
かなり小さい時だったのかなぁ。




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
365日の過去 :: 2009/12/18(Fri)

この1年

365日

あなたのことを考えない日は

1日たりと

ありませんでした

1日たりとも


そして

わたしは しあわせでした





  1. 言の葉遊び
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
サンタクロース つづき :: 2009/12/17(Thu)

小学生くらいになると、だんだんプレゼントが実用的なものになっていきました(笑)
セーターとか。本とか。
でも、お姉さんもJazzyも本が大好きだったので本はうれしかった。

ある年のクリスマス、Jazzyは
「ミルク飲みぺーちゃん」
というおもちゃをもらう!と決めました。
ぺーちゃんというお人形に、
キッチンやら洗濯機やらがついているもので、
ミルクを飲ませたり、おしめをお洗濯したりできるやつ。

ママちゃんもパパちゃんもとても厳しくて、
贅沢は一切させてくれませんでした。
そんなママちゃんパパちゃんの基準によれば、
ミルク飲みぺーちゃんはちょっと高過ぎたんだと思います。

クリスマスの朝、お姉さんがJazzyを起こしました。
なんか、箱が大きいよ。ぺーちゃんかもよ!
しかし。
包みを開けてみると入っていたのはながぐつでした。
薄い紫色のとーーーっても可愛いながぐつだったけど。
やっぱりちょっとがっかりでした。

しかし、Jazzyはあきらめずに翌年もミルク飲みぺーちゃんが欲しいと願い、
でもやっぱりサンタさんはぺーちゃんを持ってきてはくれませんでした。
(その年何をもらったかは忘れました。。)
そして、さらにその翌年。
ついに枕元の包みの中にミルク飲みぺーちゃんを見つけたのでした。
ママちゃんパパちゃんも根負けしたのね。

しかし、とても残念なことにたしかすでに小学2年生か3年生くらいに
なっていて、そういうおもちゃへの興味は薄れ始めていて、
ミルク飲みぺーちゃんは、あまりたくさんは活用されずに終わりったのでした。。






  1. 家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
サンタクロース :: 2009/12/15(Tue)

サンタクロースは本当にいると思っていました。

12月になると、「サンタさんに何をもらうか決めなさい」
と言われ、お姉さんと2人新聞の折り込みチラシを見ながら、
プレゼントにもらうものを決めました。

ある年は、デパートに家族みんなでお買い物に行った時に
おもちゃ売り場で、
「サンタさんにもらうもの決めなさい」
と言われ、そのときは猫のぬいぐるみにしました。
お姉さんは、ちょっとクールな感じのペルシャ猫。
Jazzyは首にピンクのリボンを巻いた真っ白い猫。

25日の朝。
枕元に望みどおりのプレゼントを見つけて喜んだものです。

当時住んでいた小さな町には、デパートなどなく、
車で1時間以上かかる2つ隣りの街まで出かけていました。
ママちゃんは一体いつのまにあの猫を買ったのだろう。
あの小さな小さな家の一体どこに隠してたのだろう。
まだ貧しいといっていいくらいの昭和の生活の中で。
当時のママちゃんの苦労を思うと、
すこし切なくて、でもありがとうの気持ちでいっぱいになります。





  1. 家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
しあわせ :: 2009/12/14(Mon)

あなたのやさしさに包まれて

わたしは

叶わない想いへの固執を捨てて

現実の幸せに目を向けることができるように

なりそうです

すこしずつ

すこしずつ





  1. 言の葉遊び
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
冬の星座 :: 2009/12/12(Sat)

今日の夜空はよく晴れていて、
オリオン座とシリウスがきれいに光っていました。

東京でも見える星はたくさんあります。
家の前まで来れば灯りもやや少ないし、空も広いし、
けっこうたくさん見える。
ただ、残念なのはとにかくコワイので
できる限りさっさと家に入らなければならない・・・っていうこと。。。

小学5年生のとき。
理科の時間に配られた星座早見表を片手に、
近所の男の子2人とJazzy、3人で毎晩毎晩外に出て星を見てました。
夏の夜と冷たい風が吹き始めた秋の夜、それから冬のはじめ頃まで。

おかげで星座をたくさん覚えました。




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
銀杏ライト :: 2009/12/11(Fri)

夜の帰り道、なんとなく足元が明るいなぁ・・・と思ったら、
黄色く色づいた銀杏の葉たちが、今日の強い風で
落ち葉になってアスファルトにたくさんたくさん
落ちていたからでした!

雨も降って真っ暗な寒い夜だったのに。
足元で光を発しているかのような銀杏の葉っぱの黄色に
なんだかうれしくなりました。

東京は、黄金色の銀杏が見ごろですね。
会社の近くの「いちょう坂」も道の両側の銀杏並木がきれいです。







  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
おしりぺんぺん :: 2009/12/07(Mon)

こどもって“悪い”言葉を使いたがりますよね。

最近のうーちゃんは
おしりぺんぺん、おならぷー
と言っては、自分でおかしくてたまならい、といったふうに
けらけら笑っています。
まったく。

でも、あのこどもの笑い方、
本当におかしくってたまらなくて
笑いが止まらない~っていう感じの
あの笑い方大好きです。

こどもはみ~んな大好きですが、
Jazzyが特に大大大好きなのが中学校のときの同級生の長女ももちゃん。
もう小学2年生で、やさしくて、とってもいい子。
あんな女の子が自分の娘だったらいいなぁ~。
ちょっと人見知りなので最初はあまりしゃべりませんでしたが、
慣れたら色々お話してくれるようになり、そして、実はすごい笑い上戸。
いったん笑い出したら止まらないし、本当に楽しそうに笑う。
あの笑い声がJazzyにはたまらない。
聞いてるだけでこちらまで楽しくなります。





  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
クリスマスネイル :: 2009/12/06(Sun)

こどもの頃のクリスマスは本当に楽しかった、いつもいつも。

あの、小さな小さな家で。
ママちゃんはいつもローストチキンかミートローフのどちらかを作ってくれた。
それに、欠かせないクリスマスケーキはもちろんホールで。
ご機嫌なパパちゃんはクリスマスソングのレコードをかけてくれた。
Jazzyとおねえちゃんは翌朝のプレゼントを楽しみにしながらはしゃいでた。

美味しくて、
楽しくて、
あったかなクリスマス。

あれ以上に素敵なクリスマスはないな、まだ。




季節にぴったりな深紅を使ったネイルにしました。
お仕事にはちょっとばかり派手すぎるけど・・・。

Christmas Nail




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
謙虚 :: 2009/12/03(Thu)

もう師走ですね~さとと-クリスマスベル


謙虚でいることって大事だな~と、
会社で生意気なことや文句ばかり言う人を見て
つくづく思いました。
仕事がある程度できる人でも、
自分ができる以上のことをできるかのような
傲慢な態度をとる人は仕事をお願いしたくなくなる。

でも、Jazzyも最近は全然謙虚でいられていない!

「初心」に帰るのって難しい。
最初は何にもできなかったから、
ただただ、やらせてもらえる仕事は何でも頑張った。謙虚に。
でも、頑張ってきたという自負があるぶん、
認めてほしい、とか、
あのときに比べればこんなに分かるようになってるのに、、とか、
ついつい思ってしまって。

でも、今日隣りのデスクの同僚のおじさま(40代半ば)が
いつものようにJazzyの話を聞いてくださって、
そして諭してくれた。
その人の話を聞いて自分が情けなくなった。

上司やまわりの人にどう見られるか、とか
がんばったぶん何をしてもらえるか、
を考えるんじゃなくて、
今目の前にある自分がやるべきことをただ一生懸命に
地道にやることが大事だって。

裏方みたいな仕事でも、
多少理不尽な思いをしながらの仕事でも、
地道に一生懸命にやっていれば、
誰か1人でも見てくれてる人はいるし、
そしてやがて自分に返ってきますよ、って。

ただただ辛いときに
わかってもらえない、
と思うことって本当つらい。
でも、「誰か1人でもきっと見ててくれる」って
信じていればがんばれる気がします。





  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。