thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
曼珠沙華 :: 2009/09/29(Tue)

曼珠沙華

曼珠沙華ってこれまであまり実物を見る機会がなくって、
見つけたとき、思わず嬉しくて写真を撮りました。
あまり上手に撮れてないけど。
広島の『縮景園』という庭園の入り口にて。

いつか、曼珠沙華が一面に咲いているところに行ってみたい。。




すこし前からへこみ気味だった気持ちがピークになってきて、
そうすると、ぐるぐるぐるぐる悪いほうばかりに考えが
進んでいって。
マイナスにマイナスに思考が流れていく。
悪い癖。

そろそろ大丈夫かな。
落ちるところまで落ちたら上がるだけのはず。








スポンサーサイト
  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
猫屋敷 :: 2009/09/27(Sun)

連休のあいだに、1泊2日というやや強行スケジュールで
広島に行ってきました。

遠い親戚の家が広島にあって、ひょんなことから
遊びに行くことになったのです。。

そのおうちでは、野良猫を餌付けしていて・・・
というかご本人たちは放し飼いをしているだけで、
飼っているつもりなのらしいけど、
とにかく、7匹か8匹くらいの猫たちがいました。

猫が大好きなJazzyには嬉しい限り、、、と思ったのですが、
おそらく猫たちがいるためにノミがかなりいるらしく。
以前に、姉とチビちゃんが滞在したときノミ被害が
ひどかったとか。

なので、あまり触る気になれなかったのですが、
そもそもほぼノラの状態なのでやはり知らない人の
そばまでは決して近づかず、寄ってもすばやく
逃げてしまい、触らせてはもらえませんでした。

宿泊した夜、姉が、また2匹おなかの大きい猫がいたよ、
また増えるようだよ、、、と言っていたのですが、
翌朝起きたらなんとすでに玄関の脇で仔猫が生まれていました!

cats

どうやら、本当にまだ産んだばかりらしく、
母猫はぐったりと疲れた様子でしたが、
まだ目も開いていない仔猫たちにおちちを飲ませながら、
わたしたちが覗き込むと緩慢な動作ながら仔猫たちを
かばうような仕草。。

なんだか、生命力の強さみたいなものを感じました。
たった一人で、もとい、一匹で、
明け方頃に産んだのだろうか。
なんてたくましいんだろう。。

仔猫たちのもらい手が無事に見つかって、
みんな元気に大きくなるといいな。








  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
光と影 :: 2009/09/17(Thu)

ベンチ



      この苦しみから

           逃れるすべがあるのなら








  1. 言の葉遊び
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
ひとめぼれ :: 2009/09/13(Sun)

今日は、とっても可愛いかえるのぬいぐるみに出会い、
思わず衝動買いしてしまいました。。

ぴんくのかえる

さわり心地もやわらかくて気持ちよいし、
にっこり笑顔も手足も可愛くって癒されるLOVE

一緒にいた人には、
「えっ!?買うの!!!???」
と軽く引かれましたが、、ひとめぼれしちゃいました。

ぴんくのかえるは、今日からJazzyの新しい仲間。

かえるちゃん






  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
コスモス :: 2009/09/12(Sat)

キバナコスモス

キバナコスモス

普通の秋桜のほうが秋らしいけど、キバナコスモスも綺麗。
オレンジの色が鮮やか。



続きを読む
  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
夏が終わる :: 2009/09/11(Fri)

ひまわりも、もうすぐお別れ・・・。

ひまわり

暑さが去ってほっとするけど、
いつも夏が終わるときはなんだかすこし寂しい気持ち。
(そして、気温が下がると同時にいつも体調が悪くなる。。)

でも、今年は本当に「涼夏」って感じでとっても楽でした。
ここ数年は猛暑の日が何日も続くような夏ばかりだったから。
毎年このくらいの暑さなら楽々過ごせるのにな~。





  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
晩夏の北海道 2009 ③ :: 2009/09/08(Tue)

かなやま湖の近くの『ログホテル ラーチ』というところに
泊まりました。

「ラーチ」というのはカラマツのことらしくて、1000本以上の道内産
カラマツで立てた丸太作りのホテルです。
5~8人くらいでも泊まれるコテージもあるけど、
今回Jazzyとパパちゃんママちゃんが泊まったのは本館のお部屋。
メゾネットになっていて、1階が居間のようなくつろぎのスペース、
2階にベッドルームでとっても広々。

とってもいい感じのところでした。

1泊2食付で1人7,300円ていうのはかなりリーズナブルな気がする。
夕食は、地元の食材をふんだんに活かしたフレンチで、
今回はハーフコースにしたけど、それでもメインのお魚とお肉が
どちらか一つになるだけで、少食気味のJazzyには十分すぎるくらい。
とっても美味しかったしBrilliant

朝食もバイキングじゃなくて、きちんとサーブしてくれるお食事。
さらに、「食後のコーヒーはよかったらテラスでどうぞ」と言ってくれて、
ウッドデッキのテラスでコーヒーを。。
お天気もよかったし本当にいい気分。

テラスの目の前のカラマツ林。夜はライトアップされてました。

カラマツ

コテージはこんな感じ。

コテージ

とってもおすすめなホテルです。
だけどね~、場所的にはちょっと行きにくいところかなぁ。
主要都市からはかなり離れた山の中…って感じだから。

そうそう、温泉や大浴場がないかわりに、すぐ近くの「保養センター」の
無料入浴券をいただいたので、夜、お風呂に入りに行ったのですが、
そのとき、途中で野生の鹿に会いました~Brilliant.
車のライトに照らされて、じーーっとこちらを見つめている子鹿。
でも、こちらが気がついた途端に軽やかな走りで去ってしまったので、
写真は撮れませんでした…残念。


ホテルエントランス


かなやま湖というのは、川を堰き止めてダムを造ったためにできた
人造湖ですが、でもかなり大きい~。それに周囲がひたすら山、山、山の
自然の中にあるのでとってもきれいです。

この日は、本当にお天気に恵まれたので湖もすごくきれいでした。

湖畔にたたずむパパちゃん。

湖畔

なんていうか、野生的な湖だな~。

かなやま湖2


帰りは、お決まりの富良野~美瑛を通って帰ってきました。
まだ立ち寄ったところはあったけど、長くなったのでおしまいにします。

色鮮やかな花畑。

中富良野

夏休みも終わって、観光ピークシーズンも過ぎた北海道。
もうあと少ししたらすっかり冷たい風が吹いてあっという間に
秋が深まってしまうんだろうな。
今回はお天気のおかげもあって、夏の終わりの美しさをたっぷり堪能できました。



おまけ。
美味しいフレンチのディナーをいただいてご満悦なJazzyオンプP2

→Jazzy画像は削除しちゃいました汗とか







  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
晩夏の北海道 2009 ② :: 2009/09/07(Mon)

乗り込んだ1両編成の鈍行列車は思いのほか混んでいました。
地元の高校生が利用しているらしく、
たくさんの高校生たちが降りて行ったり乗り込んで来たり。
それから、観光客っぽい人もすこし乗っていました。

昔ながらの、背もたれが真っ直ぐでリクライニングなしの青い座席。
なつかしい。
座り心地はよいとは言えないけど、、、
途中からはだいぶ空いたのでJazzyは4人分の席をひとりじめして、
足を伸ばしたり、寝転んだり、思うままにくつろぎました~。

しかし、冷房がついてなかった汗とか
しかも、Jazzyが座ったところは窓がかたくて開かないっ!!
開けてください、と頼めそうな人も見つけられぬまま、
天井の扇風機がかき回すなまぬるい空気のなかに時々混じる
涼しい風でガマンしました。。

途中、Jazzyが小学2年生までを過ごした小さな小さな町も通りました。
デパートも映画館もない、本当に小さな町。
でも、あそこはJazzyにとっては楽園みたいに楽しい場所だった。
本当は降りたかったけど、車窓からちらっと見える景色だけで今回はガマン。

さて、新得という町の駅を過ぎたあたりからがこの列車の旅のハイライト!
峠に向かって少しずつ登りながらひたすら何もない自然だけの
世界を走り続けました。窓の外はひたすら緑。
窓枠に置いた腕にあごをのっけて、ぼーっとして、
いい気分だったなぁ~。

通過した無人駅。

おちあい

そして、Jazzyが降りたところも無人駅。

幾寅

ここは、「幾寅」という駅で『鉄道員=ぽっぽや』の舞台になったところです。

赤い車両


駅舎を抜けてこの階段を登れば…

幾寅駅の階段

そこはもう駅のホーム。

Jazzyがホームに降り立ったときそこにパパちゃんとママちゃんがいました。
そう、ここで待ち合わせてこの近くの湖のそばに建つホテルに3人で泊まりに
行ったのでした。

かなやま湖1

午後遅い太陽の光を受けてきらっきらに輝く湖。。。


・・・さらにつづく







  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
晩夏の北海道 2009 ① :: 2009/09/06(Sun)

1週間の夏休みが終わりました。

この時期の北海道は暑かったり寒かったり、気温差が激しいし、
たくさん人に会ったり、出掛けたりしていたので、
少しばかり疲れて帰ってきました。。
でも、今日は1日家から1歩も出ずに引きこもることができたので、
だいぶ休めました~。

今回の北海道滞在では、色々と行動しました。

旭川からバスに揺られて3時間、叔母のいる帯広へ。
昨年12月に夫を亡くし今は独り住まいの叔母に会いに行きました。
この人、本当におしゃべりな人で・・・わかってはいることだったけど、
会った瞬間からいつまでも続く弾丸トークにさすがに夜になる頃には
疲れてしまいました。。。笑

でも、亡くなった叔父の話など思う存分しゃべれたと思うのでよかった。
そして、料理がとーっても好きな人でJazzyが来るのに合わせて
はりきっていろ~んなものを作ってくれていてどれもとっても美味しかった。

とにもかくにも叔母が元気そうでよかったです。

ハンゴンソウ

1日目は、雨がしとしと降る悪天候でしかもすごぉーーーく寒くて寒くて、
往路のバスの中では毛布にくるまっていました。
(ふかふかの毛布が積んでありました。なかったら風邪ひいてたかも。。)

でも、翌朝は一転、雲ひとつない晴天。
叔母のトークを一時逃れて(笑)、ひとりで家の周りをお散歩したら
とっても気持ちよかった。
青空に映える黄色い花は、いつも元気いっぱいなハンゴンソウ。


昼過ぎに叔母に別れを告げ、帯広駅からしばしの列車の旅は、
普通列車、つまり「鈍行」にて。

プラットフォーム

平日の昼間とはいえ、誰もいないホーム。
東京都内では信じがたい光景。


この写真を撮った後、ゆったりいい気分だな~と思いながら、
のんきに列車の到着を待っていたら、発車時刻1分前になって、
「~行きが発車します」
のアナウンスが。

えっ!

と、振り返るとホームのはるか向こうに列車はとっくの昔に
到着していたのでした。
たった1両編成の列車。。。
ホームの端にいたので気がつかなかった。
やっぱり東京感覚ではキケンキケン。
ダッシュで何とか間に合い、ローカル線ののどかな列車に
乗り込んだのでした。



・・・つづく








  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。