thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
あれから :: 2009/01/26(Mon)

終わってしまった恋のこと、
もう今はいない彼のことを、
ほとんど考えません。

いえ。
考えないのではなくて、まだ、考えられない。

ほんのすこし思い出しただけで、
憎しみと呼んでもいいくらいの感情が湧いてきてしまう。。


昨日、
かつては彼と歩いた商店街を独りで歩きながら、
ふと、思いました。


たったの1年弱で、


ふっきれるわけがない。

立ち直れるわけがない。


情けないかもしれないけど、
それがもっとも自然な自分なんだと気がついたとき、

なぜだか、すこし、ほっとしました。





スポンサーサイト
  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
閉じてるとき :: 2009/01/25(Sun)

このごろ、自分がなんとなく内向きになってる感じがします。
ひどく落ち込んでるとか、沈んでるというほどではないけど、
休日も約束を入れず、ひとりきりでこもる日々。。

来週、ある検定試験を受けるので勉強しなければ
ならないから、という理由もあるけど。

でも、試験がないとしても、
なんだか積極的に誰かに会おうという気持ちになれない。

閉じてる。感じ。。

ま、いいのかな。
そんなときがあっても。


ネイルをチェンジしました。

DSCF1182.jpg


これまで行ってたネイルサロンでは、担当してくれる女の子が
とっても可愛くて感じがよくて、本当はそこに行きたいのですが、
ちょっと遠いのと、お値段が高めなので、
今回は、違うサロンに行ってみました。

でも、やっぱりイマイチ・・・
それに、今回はベージュピンクっぽい色でかなりかなりナチュラルな
感じにしようと思っていて、そういう色を選んだつもりだったのに、
出来上がってみたら、ほとんど「白」でした。。

自分の希望のイメージを伝えるのって難しいですね~。




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
あなたに :: 2009/01/22(Thu)

どうして 出逢ってしまったんだろう

いえ 正確にはまだ出逢ってもいない

顔を見たことも ない

受話器から 聞こえてくる 声だけ

なのに

あなたの 存在は

わたしのなかで もう

こんなにまで 大きくなってしまいました






  1. 言の葉遊び
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
こころの声 :: 2009/01/19(Mon)

今日、学生時代の友人の家に遊びに行きました。
昨秋に生まれた赤ちゃんに会いに。

一緒に行ったもうひとりの友人は、既に2児の母。

当然のように、子供の話、、
ママになった彼女たちにしかわからないようなこまかい話、
どこどこ製品のなになにがイイとか、
何ヶ月くらいでどう対応すべきとか。。

Jazzyは加われない会話がほとんど。

当然だけど、
当然、予想できた状況だけど。

やっぱり、ものすごく哀しくて寂しくて
たまらない気持ちになって独り帰宅しました。

帰宅後、パパちゃんのストレスが心配で、
用事はないけど実家に電話してみれば、
追い討ちをかけるように、パパちゃんから結婚を催促する言葉。
それも、Jazzyに原因があるような言い方。

普通に、日々を精いっぱい生きてるのに。
何か特別悪いことでもした??
どうして、当たり前のように友人たちが手に入れていく
普通の幸せが、私にとっては遠い遠いことなの???

・・・と、ちょっと自暴自棄になった日曜日でした。





  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
バリ島 :: 2009/01/11(Sun)

すっかり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


年末年始は、バリ島に行ってきましたキラ~ン

12月は、仕事も土日もなんだか本当~に忙しくて疲れきっていたので、
出発前は、家で過ごす1日の余裕もなく旅行か・・・と思うと、正直、
しんどく感じるほどでしたが、

実際、行ってみたらのんびり&楽しく過ごすことができました。

最初の2泊は『マヤ・ウブド・リゾート&スパ』。
渓谷エリアにあって、バルコニーからの眺めはこんな感じ。

マヤ・ウブドの眺め

サルの声やら、いろいろな鳥の声やら、にぎやかでした。
でも、うるさいというほどではなく。
心地よく自然の音と静けさが癒してくれました。

まぁ、こういう場所ですから虫やらトカゲやらヤモリやらがたくさんいますが。。


マヤ・ウブド

このホテルは、Jazzyのまわりの旅慣れた沢山の友人たちが、
口を揃えておすすめするところでしたが、期待通り、
とーってもいいところでした。
環境もいいし、施設もきれいで居心地よいし、何よりもホテルスタッフが
みーんなと~っても優しくて素敵な笑顔で。
ホスピタリティ溢れるサービス。

後半の2泊は、ビーチエリアの『ニッコー・バリ』に泊まって、
そちらではオーシャンビューを楽しめましたし、
ニッコーもいいホテルには違いないと思うのですが、
あまりに大型なリゾートホテル、といった感じで、
『マヤ・ウブド』の細かいところにまで行き渡るサービスには叶わないと思いました。

それに、この緑溢れる風景の中はなんとなくスピリチュアルな感じで
(霊感とかそういうのではなくて・・・)、本当に癒しの場所でした。





バリ島には、旅行会社のときに一緒に働いていた友人がひとり住んでいます。
現地のホテルで働いてもう3年近くになり、インドネシア人のボーイフレンドとも
3年近くのお付き合いになり、まもなく結婚ということになりそうですLOVE

彼女は、とっても行動的で自分の夢を叶えるために実行に移してしまえる人。
いろんな意味で尊敬してしまいます。バリでの暮らしは大変なこともあるでしょうが、
すべて前向きに受け止めて日々を楽しんでいる様子が本当に素敵です。

バリは、もちろん日本に比べたら決して決して豊かとはいえず、
きれいなホテルを一歩抜け出して町や村に行ってみれば、
そりゃ、きたない。
(Jazzyは、気をつけてはいましたが帰国して数日後にやっぱり
おなかを壊しました。。情けない汗とか

だけど、感受性の豊かなJazzyの友人はそういった表面的な部分では図れない
バリ島の文化の、人の、心の豊かさとかそういったことを感じることが
できる人なんだろうな、と思いました。



同じ会社の同僚の女の子で、同じように年末年始にバリ島に行ったという人がいました。
彼女は、お父さんが某大手企業の駐在員としてジャカルタに住んでいるので、
バリ島にも度々行くそうですが、泊まるのは高級ホテルの特別フロアー、
お気に入りの綺麗なカフェやショップ以外にはほとんど出かけない、、、などと、
まるで、現地の生活を見下したような態度で、、、
話していてすっかり哀しくなってしまいました汗





価値観はさまざま・・・わかり合える人とそうでない人がいるのは
仕方のないこと。。


バリ島に住む友人のような人が友達でよかった。
彼女と、そのボーイフレンドそしてその家族がいつも幸せでありますようにBrilliant




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。