thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
尊敬 :: 2008/10/30(Thu)

先日の、脳出血で亡くなられた妊婦さんのご主人の会見に、、、
思わず涙が出ました。そして、とってもとっても感動しました。

愛する人を失ったばかり、
それも、理不尽な理由のためだったかもしれないのに、
誰も責めるつもりはありません、という言葉、
さらには、ご自身が最もおつらいはずなのに、
そんな状況であってなお、病院の方々を思い遣る言葉。。

自分だったらできるだろうか。
こんな冷静に。
きっとできない。


本当に素晴らしい方だと思いました。

どうぞ、奥様が天国で安らかに眠られていますように。
この方と、生まれてきた赤ちゃんがこれから幸せな日々を
過ごせますように。

この男の子も、きっとパパに似て人の心を思いやることの
できるやさしい男の子になるでしょうね。。。








スポンサーサイト
  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
コンプライアンス :: 2008/10/28(Tue)

今日はちょっとカタイ話です。

Jazzyのお仕事は「コンプライアンス」に関連することなのですが、
この「コンプライアンス」という概念は理解したつもりでも
なかなか人に説明できるほどには消化しきれず。。
むずかしいです。


でも、今日、上司のセミナーを後ろでそっと聞いてたら
少し頭がすっきりしました。

「コンプライアンス」を「法令(等)遵守」と訳してしまったのが
たぶん、そもそも間違いでしたね。。
法令を守るのは当然のこと。
コンプライアンスをただの法令遵守として考えると、
では、なぜそんな当たり前のことにみんなで大騒ぎして
取り組まなくちゃ、と言ってるのかわからなくなる。
本当は、法令を守るなんていうこととは全然レベルの違う話。
企業独自の理念とか規範、つまり企業倫理をちゃんと持って、
そしてそれを社内みんなで共有することが何よりも大事。

例えば、新しい商品を開発しようと思ったときに、
その商品が法律に照らして違反するものでないかどうかを
チェックすることももちろん大切だけど、
コンプライアンスの観点からいえば、
「ウチの会社の理念に照らしてこの商品は作るべきか否か」。
コンプライアンス=社会からの要請に応えること、という人もいる。
そう考えると、新しい商品は「社会が求めるものか」
「お客様が必要とするものなのか」
そういう視点。
具体的に言うと、「安全性は大丈夫か」とかね。

統計的な数字はわからないけど、
利益ばかりを優先する会社よりも、例えば、
「1番大切なのは従業員。2番目にお客様。
株主はその後」
といった会社のほうが長く安定しているそうです。



会社は「法人」。
法律上は「人」と同様に権利や義務を持つ。
「法人」ていう言葉を眺めながら上司の言葉を聞いていたら思いました。
企業も所詮、「人」の集まり。
結局、血の通った理念、つまりそこに“心”がなければ、
人はきっと動かない、残らない、、、そして結局集まらないんだろうな、って。









  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
隙? :: 2008/10/26(Sun)

失った恋の重さが苦しくて苦しくてたまらなかった日々を少し抜けて、
全然、泣くことなく、毎日を過ごせるようになって、
気持ちもだいぶ明るくなってきて、
少し、「隙」ができたかな。

7歳も年下の男の子。
Jazzyは、この子にとって
ただの憧れのお姉さん的な存在なのだろう、と思いつつ、

意味ありげな会話をさらりさらりとかわしてたつもりだったのに、

うまいこと流れにのって握られた手を、、、
振り払えなかった、さりげなく引っ込めることもできなかった汗


どうしたの?私。

でも。

この人を自分が好きになることができるだろうか、
ということより、
この人は本当に私を愛してくれることはないんだろうな、
と思ってしまう。

そうやって、相手の気持ち次第で…みたいに
小賢しく考えてしまうってことは
所詮、自分の中にあまり前向きな気持ちはないんだろうなぁ。





  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
かぞえうた :: 2008/10/20(Mon)

先日、年齢も出身地もばらばらな知人たち数名がいた場で、
「ゆうびんやさ~ん…♪」で始まるかぞえうたが、
地域(&世代?)によってちょっとずつ違うことを初めて知りました。

長縄跳びを跳ぶ数を数えながらうたった歌です。

北海道ではこんなでした。

オンプB2ゆうびんやさ~ん はしらんかい
もう~ナントカで12時だ
1時、2時、3時、・・・・・・


(*ナントカのところがどうしても思い出せない汗
もうかれこれ、だったかなぁ)


「走らんかい」の意味がいまひとつ不明ですが、
「~かい」というのはまさに北海道弁。

落としたお手紙を1枚、2枚、3枚・・・・って数えるバージョンもあるみたいですね。
Jazzyも含め、みんな詳細やメロディが微妙に思い出せず、
記憶がかなり曖昧でしたが、とにもかくにも色々なバージョンがあるという
なかなか楽しい発見でした。



  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
ブルー :: 2008/10/19(Sun)

パパちゃんが送ってくれた山奥の温泉の近くの風景。
ターコイズブルーの沼に紅葉した山。

石灰質?が溶け込んだ鮮やかな青色。
こういうブルーの湖や沼は、海外の観光地でよくありますが、
Jazzyの実家から程近いところにもあったなんて。
知りませんでした。

blue



先週の金曜日。
午前9時半にママちゃんから着信がありました。
平日のこんな時間に・・・土曜日と間違えたのだろうか、と思ったけど、
何かよくない緊急の事態でも起ったのかとも思うと居ても立っても
いられない気持ちになり、オフィスを抜け出して折り返し電話してみました。

案の定、ただの間違いだったとか。。
過去のメールを見ているうちに混乱したらしく。
(ママちゃんがJazzyに送信した「今、電話していい?」という
メールを、今受信したものかと思ったらしく。。。)

「呆け」とは違うのだろうけど、
ただ年老いたため、ではない、精神の病に冒されたゆえに、
注意力が散漫になり、冷静で客観的な判断力を失っているママちゃん。
昔は、あんなにしっかり者だったのに、、、
と、思うと、悲しくなりました。



  1. 家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
うしろ姿 2 :: 2008/10/17(Fri)

姉とその娘、ふたりのうしろ姿。 撮影 by Jazzy。


うしろ姿2


うしろ姿って想像力をかき立てますね。
どうでもいいけど、姉は旅行の後に写真を見て自分が被っていた帽子を
「洗面器を被ってるみたい・・・」
と言ってた(笑)



ここは、サン・ポール・ド・ヴァンスという小さな村。
小高い丘の上に築かれた村は、ぐるりと城壁に囲まれていて、
城壁の向こうには、周囲のなだらかな山々と家々がはるか遠くまで
見渡せて、すばらしい眺め。

そして、サン・ポールは芸術の村。
南仏には、著名な画家たちが暮らしたり旅したりした村があちこちにある。
この村のホテルのオーナーは、貧乏な画家たちから宿泊料の代わりに
作品を受け取り、やがて素晴らしいコレクションを築いたとか。

今でも、村の小さな路地の両脇には画廊がずらりと並んでいて、
現代画家たちのアートの世界が繰り広げられている。



  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
いつかは :: 2008/10/11(Sat)

あるインターネット掲示板上で印象的な言葉に出会いました。

生きているのがつらい、、人生を終わりにしたい、、、と言いながら
複数の他人の命だけを奪って自分自身は生きている。。。
そんな理不尽な事件の犯人に対するしごく当然な批判が
痛烈に飛び交う無記名の書き込みの中で。


いつかは死ねるのだから、それまでは一生懸命生きてみようと思います


うしろ向きな言葉かもしれないけど、究極に苦しくなったときに出てくる
ひたむきな言葉かもしれない。


そう、いつかは必ず死ねるのだから。

さ、それまで、どう生きよっか。




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ピンク色 :: 2008/10/01(Wed)

今日は東京タワーがピンク色でした。
残念ながら写真には納められなかったけど…

「乳ガン早期発見啓発キャンペーン」

日比谷公園の向こう側に見えるペニンシュラホテルも、
ピンク色にライトアップされていました。



昨年の11月14日。
世界糖尿病デーで東京タワーが青色だったことを思い出しました。
青い東京タワーの写真を彼にメールしたことも。
そして、
その翌日に。
ただの友達から彼と彼女に変わったことも。


思い出す材料はイヤになるくらいあちこちに転がっている。。。




  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。