thinking out loud

たわいない日々を感じるままに 思うままに・・・ 気まぐれな独り言



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
もう大丈夫 :: 2008/08/31(Sun)

南仏旅行に行く少し前に、久しぶりに会う友人と銀座で
ランチ&お茶しながらゆっくりおしゃべりしました。

これからずっと長く一緒にいるつもりでいた彼から、
突然にお別れを言われてから約半年間、
全然立ち直れなくて、
人にもあまり会いたくなくなってしまって、
友人たちからも遠ざかってた。
誘いも断って。

だけど、ようやく少し気持ちが落ち着きつつあったときに
この友人にメールをしたら、
すごくやさしく気遣ってくれるメールをくれて、
とっても「会いたい」という気持ちになった。

そして、会ってたくさん話を聞いてもらって、
それから彼女の話もたくさん聞いて、
そしたらJazzyの気持ちはずいぶんずいぶん落ち着いたみたい。

自分という人間を否定されたような気持ちになっていること、
相手を恨めしく憎らしく思ってしまうこと、
立ち直れずにいること、
みんな当たり前のことだから、そのために自分を責める必要は
全然ないよ、って言ってくれた。
みんなたくさんの失敗を繰り返して繰り返して進んでいくんだから、
失敗も当たり前なんだよ、って言ってくれた。

うまく言葉で言い表せないけど、
気持ちを理解してくれる人、そして大丈夫だよ、って言ってくれる人が
いるっていうことだけで何だかすごく安らかな気持ちになった。

考えないでいられるわけではない、
今でも考えずにはいられない。
だけど、自分で「もう大丈夫」と思えるくらいになった。

友人に本当に感謝です。

そして、本当は大好きな友人たちなのに、
気が進まなかった友人の集まりに行くこともできたし、
行ってみてすごく楽しく過ごせた。

人に会うことがこわくなくなった。



時間は確実に流れました。
よかったです。









スポンサーサイト
  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
雷と雨 :: 2008/08/29(Fri)

すごい雨ですね、すごい雷ですね。

今も、ごろごろ…すごい音がずぅーーっと鳴り響いてます。
皆さんがお住まいの場所は大丈夫でしょうか。

Jazzyは、昨晩と一昨晩2夜連続で夜中に目が覚めました。
すごい雨の音と、雷の音で。
家ごと流されそうな感覚を覚えるほどすごい雨音。。
時計は見ませんでしたが、一昨晩はすでに明るくなりかけてたので、
新聞配達の方たちが心配になりました。

会社で隣りのデスクに座ってる女性の同僚に、
昨晩は目が覚めました?って聞いたら、「え!?なんで?」と聞き返されました(笑)
彼女はとーーーっても眠りが深いらしく、めったなことがない限り起きないそうです。。
地震が起きても目が覚めないらしいです。
Jazzyは、たぶん、かなり眠りが浅いほうなので、ちょっとしたことで
わりとすぐ目が覚めてしまいます。おかげで朝起きても疲れが取れてなかったりして。
眠りの深い人がうらやましいです。

あ~また雨が激しくなってきました。
まるで水の檻に閉じ込められてるみたい。。。



  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
南仏 コートダジュールの写真たち :: 2008/08/26(Tue)

南仏で撮ってきた写真をアップしますBrilliant



↓丘の上から見下ろす地中海とニースの街並み。
なんて綺麗な青!!

ニース高台より地中海を望む

↓マルシェ(市場)は、見ているだけで楽しいオンプP2
野菜に、果物に、お魚に、チーズに、お菓子に、オリーブに…。

マルシェ

↓マジパン?ていうんでしたっけ。
おもちゃみたいに可愛らしいお菓子たち。

マジパン細工

マジパン細工

ちなみに、南仏ではなぜか「セミ」をモチーフにしたものが多い。
お土産の小物でも何でも。
聞くところによると、
「パリといえばエッフェル塔、南仏といえばセミ!」だとか。
(エッフェル塔とセミが同列かよ汗とか
Jazzyはセミが嫌いなので、お~いや。
上の写真拡大してみてくださいね、マジパンでもセミ、、、です。


アーティチョーク

↑これアーティチョークですよね?
Jazzyは、アーティチョーク大好き。日本でももっと気軽に食べられるといいのにな。

サラダ

↑イタリア料理屋で食べたサラダ。
たっぷりの生ハム、サラミに、ふわふわのモッツァレラチーズ。


↓ニースのマセナ広場。
柱頭に正座してる人の姿がちょっと無気味。。

マセナ広場

↓ホテルの窓から。

ホテルの窓から

ニースから、バスでエズという村とサン・ポール・ド・ヴァンスという村に出かけました。
サン・ポールは、ちょっと疲れててあまりいい写真が撮れなかったけど、
エズでは、こんな最高の写真が撮れました!↓

エズ

「鷲の巣村」と呼ばれる、崖の上に築かれた村。
上まで登ると見下ろす景色は本当に絶景。

↓そして一番てっぺんには、なぜだかサボテン公園、そしてこんなオブジェが。

エズの頂上にて

でも、このオブジェかなり好きです。

以上、南仏 コートダジュールの写真たちでしたBrilliant.





  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
南仏 コートダジュールへの旅 :: 2008/08/26(Tue)

南仏 ニースへ旅行に行ってきました!
以前は、旅するお仕事をしていたので1年に何度も何度も海外へ出ていたけど、
そのお仕事を辞めてからは全く海外旅行をしていなかったので、
約4年ぶり??の国外脱出。

しかも社員旅行絵文字名を入力してください
福利厚生などは全然しっかりしてないのに、不思議なところで太っ腹な会社。。
そして、社員旅行といっても一晩だけ全員でのお食事会があるだけで、
あとはすべて自由行動でした。
しかも、家族か友達を連れて行ってもいいので、Jazzyは姉と姪っ子といきました。

しかし、2歳の子供と一緒だったので色々大変でした。
子供が大変だったのではなくて、母親である姉の言動が。

前半はまだよかったけど、だんだんイライラが溜まってきて、
終わりのほうではすっかり楽しい気持ちがふっとんでしまいました。

子供と一緒にいるがゆえに大変なこと、
例えば、夜中に起こされたり、度々ご機嫌を取ったり、行動や食事に制限があったり、
そういった普通母親が苦労することを、私を含め、周りの人々も我慢することを
まるで当たり前だと思っている様子。

あまりに親ばかで甘やかしている様子。
とにかくママにべったり。
さらには、Jazzyが遊んであげたり構ってあげたりするのを、
もしかして、ちょっと面白くない気持ちでいる???と思うような態度。。

こんなふうに、イライラムカムカするのはJazzyの心がせまいから…と
また、自分で自分がイヤになりつつ、でも、やっぱりお友達と行けば
もっと何倍も楽しかっただろうなぁ。

でも、姉もJazzyのイライラした様子に嫌気がさしてたかも。


姉は・・・周りへの気配りが足りない。
Jazzyは・・・気難しすぎる。


わかっているんですけどね。姉妹だからこそかな。
でも、もうあの母子と行動を共にするのはしばらくはごめんです。


だけど、ちょっと時間が経ったらだいぶ怒りもおさまってきて、
楽しかった場面などを思い起こし始めました。

ここでぶちまけたから、愚痴はこれで終わりにしましょう。




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
電話交換手 :: 2008/08/25(Mon)

帰宅してTVをつけると、戦争ドラマらしきものをやっていた。
しばらく見ていたら少女が仕事に就くための面接の場面が出てきた。
仕事は、、、

電話交換手。

ぴんときた。
昨年、稚内に行った時に見た記念碑。
百年記念塔の北方記念館内に展示された実話を伝える資料の数々。
9人の電話交換手の乙女たちの悲話。

「皆さんこれが最後です さようなら さようなら」

どうか、あんな悲劇が繰り返されることがありませんように。
この世界のどこかで同様なことが今この瞬間も起きているのだとしたら、
早く、早く、早く、おしまいになりますように。。。祈



  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
苦痛なデート :: 2008/08/16(Sat)

あいまいなお返事をしてしまった自分の責任として、
(でも会った最初の日に咄嗟に嘘をついたり、断ったりできないよぉ~~)、
とりあえず、1度だけは、、、と友人のお兄さんとのデートに行ってきました。

メールで、池袋の水族館に行きませんか、って。
ふぅ。。。
人混みがすごそうですよね、って空しい抵抗をしたものの、
自分から行きたいところを提示するのはイヤだし、
それよりも、そもそも行きたいところ特に思いつかないし。
葛西臨海公園だとちょっとひなびてる感じだよね、、、などと言い出すので、
そんな遠くまで行きたくな~~~~い、ということでもうあきらめ。
「池袋で大丈夫ですよ。」
まずはランチを食べてから池袋へ。

しかし、池袋駅に着いたら早くも人の波。
(Jazzyは、人混みがけっこう苦手なので最近はなるべくそういう場所に
あえて自分から出かけないように気をつけてるのです。
東京、っていう街は、そういう場所に行かずとも自分のペースを
保てる範囲で生きてくことができる街なのです。)
さらに、予想外の雨が降ってきて、買ったばかりのお気に入りの
オフホワイトの日傘がやむなく雨に打たれる羽目になり、
あぁ~~汚れちゃう、しみが出来ちゃう、、、と
Jazzyのテンションは落ちるところまで落ちました。

そして、サンシャインに着いてみたら、、、

あぁ~甘かった、今お盆休みですよ、夏休みですよ。
想像をはるかに超えた混雑。
ごった返す人々。家族連れにカップルに。
お魚なんてろくに見えません。

水族館が終わったら、
「人に酔ってしまったみたいで、気分が悪くなりました」
と言って夕飯をご一緒せずに帰ろう、と考えていましたが、
本当に人混みに少し具合が悪くなってきてしまいました。。
時々なるごく軽い過呼吸っぽいやつ…。

(Jazzyの)かなり早足気味の速度で水族館を見終わり、
駅に戻る途中では、地下通路が雷雨のために停電になってたり。
暑いし、頭痛までしてきて。

「駅のあたりでお茶飲んでから帰りませんか」
と言われましたが、必死の思いでお断りして帰路につきました。
断る、って本当にタイヘンなことです。
帰りがけのお茶を断るだけで本当にやっとやっとでした。。。

だから、もうお断りしなければならない状況に自分を追い込まないよう
気をつけなきゃ。あとは、メールでのお誘いをなんとかすれば。

外見がどうの、、、ということだけじゃなくて、
お話していてもあまりいい印象を持てませんでした。
ご自分のお話をされる態度も、Jazzyの話に対する返事の仕方も。




前の彼とのお別れがあまりにショックで、いまだに立ち直れなくて、
もう誰も好きになったり、信じたりすることはできないだろう、というくらいの想いで、
もう誰だっていいような気になっていました。

でもね。やっぱり誰だっていいわけではないのです。

特に、こうして知人を介しての紹介にはいろんな厄介なことがつきまとうから。
やっぱり自分自身の気持ちを大事にできるように、気をつけて行動しよう、と
つくづく思いました。

そして、今日は自分なりに精一杯がんばった!!!と思っているところです。










  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
花の効用 :: 2008/08/12(Tue)

今日はすこし元気。
いえ、昨日に比べればずっとずーっと元気になれた。

よかった。

波のように不安定にうねる心。
時にはじっとやり過ごすしかないときもありますよね。。


花は、いつもJazzyの心に静かな穏やかさを与えてくれます。
窓辺で咲いてるランタナも、玄関を開けると眼の中に飛び込んでくる
ハイビスカスも、写真の中で揺れてる花たちも。。
花びらの鮮やかで静かな色は、荒波みたいになってしまった心を鎮めてくれます。




  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
どうやって :: 2008/08/12(Tue)

憂鬱で・・・

哀しくて・・・・・

たまらないときがある。


どうしても、どうやっても気持ちが沈んでどうにもならない。
涙が溢れてくる。会社にいるのに。。こぼれ落ちないように必死。

こういうときは、どうやってもどう考えようとしてもダメ。

何もかも全部うまくいかないわけじゃない。
いいことが何にもないわけじゃない。
仕事は順調なのに。
この前受けた試験、合格したのに。

毎日ネットを眺めてるだけで目に入ってくる
数々の悲劇のニュースに比べたら、
健康な身体で日々食べていける暮らしをしてるだけで十分なのに。。

謙虚な気持ちで自分がどれだけ幸せかわからなくちゃ。



でも、だめなときは本当にだめ。
どんなに考えても。


かろうじて生きていられるのは。
なんだろう。。
ほんの些細なことでふと必死で生きていたりする。
必死で人と話している、話しながら笑っている。
そのあいだは、少しだけ、辛い気持ちを忘れている。






  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
そして :: 2008/08/10(Sun)

結局、この週末はお会いできません、とお断りしました。
あのショックからこんなに短い期間で顔を合わせることは、、、

無理羆


Jazzyの勝手な妄想が悪いんですけどね。
失望というかショックが大きすぎました。
なんだか、疲れました。。

しかし、このまま2度とお会いしない、というわけにもいかないだろうし、
悩みのタネが増えました。
あ~憂鬱・・・




  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
撃沈 :: 2008/08/08(Fri)

撃沈、 という言葉が適当かどうかわかりませんが、
Jazzyの心情的にはまさにそんな気持ちです。

友人のお兄さんにお会いしました。

過剰な期待をしないように、一生懸命自分に言い聞かせてました。
Jazzyのことを気に入ってもらえないかもしれないし、
Jazzyが好意を抱けるような方じゃないかもしれないし。。

でも、そんな努力も空しく、無意識のうちに妄想は膨らみ、
いいほうへいいほうへ、期待が膨らんでたみたいです。

待ち合わせた新宿駅南口のお花屋さん前。



え!?






39歳、、、ってこんなに「オジサン」なの?
(なんて失礼な羆






人それぞれかもしれませんが・・・。
大人で、落ち着きがあって、でも、でも、、、、、、。

こんなにオジサンとは。。

まるで、会社の「部長」レベルの上司だとか、
学校の先生とか、そういうイメージなくらいな感じ。


あぁ、Jazzyってば、本当にバカ。
どんな王子様が待ってると思ってたのでしょう。

びっくりして、ガッカリして、
楽しくおしゃべりしてお食事したけど、でも、
あまりにショッキングでした。。。


あんまりあんまりショックが大きかったみたいで、
(どんだけ期待してたんでしょう・・・)
せっかく完全にやめることができたと思っていた煙草を
帰り道に買っていました・・・。

そして、今日はショックで、というのはちょっと大袈裟ですけど、
すごい疲労感で、午前会社をお休みしてしまいました。



しかも。
早速、週末にまたお会いできますか?って。

あぁ、、、友人のお兄さんですから、実家もすぐ近くで、
親同士も顔見知りな関係ですから、むげに断れません。

お誘いをお断りしなければならないようなシチュエーションに
陥らないように、常に、常に、気をつけていたのに。

お別れした彼のことの苦しみから早く抜け出したくて、
気持ちに隙間ができていてこんな軽はずみなことをしてしまったに
違いありません。なんていうか、辛い気持ちに不幸がつけ込んできた感じ。




自分が好意を持てる人に出逢えること、
そして、その相手の方も自分に好意を持ってくださること、は
本当に、め~~~~~~~~ったにあり得ないことなのです。

たった3ヵ月しか一緒にいられなかったけど、
お別れした彼に出逢ったことは、Jazzyみたいな性格の人間にとっては、
やっぱりBrilliant奇跡Brilliantだったんだと改めて思いました。


そうやって、結局、気持ちはお別れした彼に向いてしまい。。


でも、なんだか全てバカバカしく思えてきてどうでもよくなってきました。。


結婚したい。
家族がほしい。
将来が不安。


でも、焦ってもどうにもならないみたい。
もう、あまり考えるのやめよう・・・・・・






  1. 恋愛のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
アップ&ダウン :: 2008/08/05(Tue)

Jazzyはあまりお酒が飲めないので、
家でひとりで飲むことはほとんどないのですが、
今日の帰り道、なぜだかむしょうにお酒が飲みたくなり(暑いからかな?)、
しゅわっと炭酸のお酒を飲みたいのだけど、ビールは一缶飲みきれないし、
ということで、甘~いシードルを買ってきて飲んでいます。

今日は、なんだか気持ちの浮き沈みが激しい1日でした。

特に午前は、なんだかなんだか哀しくてイライラして、
ついには涙ぐんできて(仕事中に、デスクでです・・・呆れる)。。。

でも、今はシードル片手にご機嫌です。

なんなんだか、まったく。


今日も関東地方はすごい雷雨でした。
特に雷。すごいすごいど迫力でした。
Jazzyが働いてるのは、ビルの17階でまわりにも高層ビルが
たくさんあるので、それらのビルにこだまするのか、
明らかに地上で聞く音とは違う、すごい雷鳴が響き渡ってました。

みなさまのところでも、どうぞ大雨と雷にお気をつけて。



  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
嬉しいニュース :: 2008/08/03(Sun)

あまりにも嬉しいニュースが飛び込んできたので、
思わず、またPCに向かってしまいました。

昨年ブログに書いた妊娠後すぐに赤ちゃんが流れてしまった友人


今日、彼女のお誕生日なのでおめでとうのメールを送ったら、
なんと、あと数日後が予定日で新しい命にもうすぐ逢えるというのです!
よかった~

最初に宿った命があんなにあっさり消えてしまったから、
今回は、無事に生まれてくるまではあまり人に知らせずにいたようですが、
もうあと数日で生まれてくる、というタイミングでメールをしたので
報告してくれました。

去年会ったときは、まだ傷が癒えず、話しながらぽろぽろと涙を
こぼす様子に本当に胸が痛みました。もともと、繊細で感じやすい彼女は、
無理して仕事に行ったせいだ、と自分を責めて。


よかった。
よかった、本当によかった。


どうか、元気な子が降りてきますようにBrilliant


生きていればつらいこともあるけど、
そのぶん幸せも、ちゃんと訪れる。


  1. 日々のあれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
少しずつ :: 2008/08/03(Sun)

ついこの前、ママちゃんの夢を見たと思ったら現実になった(ほぼ)。

突然、ママちゃんから電話がかかってきて(揖保の糸が届いたからなんだけど)、
「治ったから。もう元気になった」
って。言われました。

でも、なんだか不安な気持ちで素直に喜べない。
明らかに声のトーン、話し方、、、が、「躁」状態になってるときの感じだから。
一番、大変なときをすぐ近くで見てしまったから、そう簡単には喜べない。

でも、それでも「うつ」の状態にいるよりは、
本人はもちろんずーっとずっと楽しくいられるだろうし、
そばにいるパパちゃんもほっとしていると思う。
パパちゃんはじめ私たち家族ももうこの病気に全く無知なわけじゃ
ないから、それぞれの段階において気をつけるべきことをだいぶわかってるし。

間違いなく、回復への一歩なはずだから。
少しずつ。


黄色





  1. 家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。